720ml  1,800円(税別)

海洋深層水で仕込みました


 昔から「酒は百薬の長」といわれ、日本酒には血液の循環を良くし、ストレス解消などの健康促進効果 があります。林酒造場ではそうした日本酒の効能に加え、「さらに体に良い酒を造りたい」という考えから、日本酒の仕込み水に海洋深層水(脱塩水)を使用しました。海洋深層水にはカルシウムやマグネシウムなどの人体に必要な天然ミネラルがバランス良く含まれています。

 体内では合成されないミネラルは、食事などで外部より摂取しなければなりません。野生の象たちはミネラル不足を補うために、ミネラルを含んだ土や岩を食べているといいます。しかし人間が野菜などから得られるミネラルは土壌の変化(酸性雨や化学肥料の使用の影響やハウス野菜の日照不足など)により、以前に比べて不足しています。ミネラル不足は多くの現代病にもつながるといわれ、摂りすぎても健康を害してしまうので、バランス良く摂ることが重要です。人体のミネラルバランスと極めて似ている海洋深層水は摂取方法として理想的といえます。

 また海洋深層水には発酵の度合いを増す働きがあります。日本酒の仕込みにおいて、海洋深層水のミネラル分が清酒酵母の増殖や米こうじの育成に有効に働き、アルコール収得量 の増加、雑味の減少、香り成分の増加をもたらしました。その結果、味わい深く香り高い吟醸酒が生まれたのです。

 この吟醸酒「入善」の名称は海洋深層水を汲み上げている富山県入善町に由来しています。もう一つには「体に「善」いものをとり「入」れ健康になる」という「医食同源」の意味も込められています。日本酒が「安全で美味しい」のはもちろんのこと、さらに自然の栄養素を加えることでお酒を楽しむだけでは物足りない、健康志向のお客様にも納得いただける商品に仕上がりました。


レギュラー商品リストへ▲
●お酒は20歳になってから。